不動産担保ローンを利用したおまとめローン

おまとめローン銀行は無担保のローンを利用することもできますが、審査が厳しくなるため通らなかったり、希望する限度額よりも低くなってしまうことがあります。そのため、不動産を所有しているのであれば、これを担保にしてお金を借りる不動産担保ローンをおまとめローンとして検討しても良いでしょう。
不動産担保ローンは基本的に用途が自由になっているため、おまとめローンとしての利用も可能です。返済が困難になっても担保を売却できるため貸し倒れになる危険性が低く、高額で低金利のローンを組みやすくなります。また、利用者の信用に担保の価値も加わるため、カードローンの審査に落ちる人でも利用できることがあります。ただし、銀行の不動産担保ローンでは保証会社の保証が必要になっているため、過去に債務整理などを行った記録が残っていると利用できません。
不動産担保ローンをおまとめローンとして利用するとき、現在の借り入れを無条件に全てまとめてしまわないように注意しましょう。目的ローンには不動産担保ローンよりも金利が低いものがあります。また、借り入れ額に応じて手数料も高くなるため、同程度の金利であれば手数料で損をします。そのため、これらを含めて負担の減る借り入れだけまとめます。
なお、不動産担保ローンでは自己破産以外の債務整理を選んだ場合でも不動産を守るのが困難になるため、返済できなくならないように計画的に利用するか、居住用に使っていない売却しても良い不動産を担保にしましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.